へたれお母さんの雑記帳

2015年生まれ長女・2021年生まれ次女を育てる、へたれママ医師の日記。

全部やめてしまぇぇ〜と思う。

今週の長女、朝起きられず、家庭学習は夜帰宅後にする日々が続いています。

家庭学習が夜になると、ただでさえ慌ただしい夜の時間が、さらにバタバタになってしまいます。

その慌ただしさに疲れて嫌気が差して、

あーーもう、全部やめてしまぇぇ!!!

と思う時がよくあります。


勉強もピアノもやめちゃえば、家に帰って宿題以外に「やらねば」なことがなくなり、のんびりできるよ。

私も「あれやってないこれやってない」とせかせか、イライラすることなくなるよ。

親も子も楽だよ。

そう思います。


でもそこで、「いやいやいや」と毎回冷静になり。

少しずつでも、勉強を続けることは大切。

まだ5月だし。一年生だし。
焦らない、焦らない。
そのうちペースを掴めてくるさ。

と自分を宥めます。

(たまに私が思い余って「もう全部やめちゃうか…」と漏らすことがあるのですが、長女は「やだ!!」と言います)


そんなこんなで、少しでも良い形で家庭学習を進められるよう、試行錯誤の日々は続きます。

(とりあえず今日は、「今日は何やるのかな」のガサガサ感をなくすべく、教材の取り組むページを開いてテーブルの上に置いておく作戦を試してみます。)





お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

トゲトゲ言葉を長女に謝る。

昨日の朝は雨でした。

先週末、何故か普通の傘ではなく、置き傘にするはずの折りたたみ傘を持ち帰ってきた長女。

折りたたみ傘をさしていくしかありません。


その日は起きた時からのろのろペースの長女に、私は少しイライラ。


ギリギリの時間に「行ってきまーす」と玄関に向かう長女。

私「あれ、傘は?」

長女「あ、ランドセルの中だー。」

、、、。

「もー、頭使いなよ!ちゃんと考えな!」

と、きつめに言ってしまいました。


その後もモタモタする長女を、「も〜」と私はブツブツ言いながら手伝い、送り出しました。
「折りたたまない傘を、今日は持ち帰ってくるんだよ!」とも。



「気持ち良く行ってらっしゃいできるように」と決めていたのに。

出勤の道中で、きつく言い過ぎたなと反省。

帰ったら謝ろうと決め、こんな形で死に別れるのは嫌だから、今日は絶対に生きて帰ろうと、より慎重に運転しました(笑)


そして帰ってから、長女に謝まりました。

「ママ、きつく言い過ぎたね。良くなかったね。ごめんなさい。」と。

長女は「いいよー。」と言ってくれましたが。

でも、たとえ謝っても、放った言葉が消えることはなく、言われた方にその言葉はずっと残ります。


言わない。

それが一番。それが大切。


自分の心を試される日々。


夕食時

私「そういえば、傘は持ち帰ってきた?」

長女「あ、英語スクールに忘れた。」


、、、(゚∀゚)


私「そっかー。傘ね。まあつい忘れちゃうよね。ママも傘はよく忘れるから、なくしてもいいように、もう高い傘は買わないことにしてるんだ。」

長女「えー、忘れても、取りに行って見つけられればいいじゃん。」

私「いや、それが電車の中なんかに忘れるとね〜…」


怒らない、怒らない〜。




お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

初・家族みんなで小旅行。

昨日は家族四人で、県内の海沿いの街へ小旅行に行きました。

車で片道1時間半。
水族館へ行き、公園でお弁当を食べて、遊んで、展望台へ行ってきました。


帰省以外で家族四人で遠出するのは、今回が初めてです。

当初は夫と長女の二人で行く予定だったのですが、長女が「家族みんなで行きたい」というので、私と次女も行くことに。

みんなで行けると決まってから、長女はとても嬉しそうで、ルンルンで次女の麦茶やおもちゃを用意したり、お弁当を詰めたり、私が何も言わないのに率先していろいろ準備を進めてくれました。

旅の途中でも、「みんなで来られて良かった!楽しい!」と何度も言っていました。

みんなで出掛けたかったんですねぇ…。


赤ちゃん連れの遠出は、私に苦手意識があって(赤ちゃんにはよく分からず疲れるだけだろうし、親も疲れるし…と思ってしまう💦)、避けていたのですが、長女の様子を見て、私ももう少し頑張って家族で出掛ける機会を作るか…と思いました。

何より私自身も、よい気分転換になりました。



あまりスピードの出なかったローラー滑り台。


海の見える街はいいなぁ。



前日夜から長女が作っていたカメラ。
厚紙で、けっこうしっかりした作りです。


ちなみに次女は、水族館で見たネズミ(魚以外にも、いろんな生き物の展示がある)に好反応を示していました(笑)




お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

スマホ時間、ブログ時間を減らしたい。

スマホ時間を減らしたいと思っています。

そして、私のスマホ時間の大半はブログを読む、書くことに費やされているので、ブログ時間を減らしたいとも思っています。


理由は、飛び込んでくる広告から、ふらふら〜っとショッピング、無駄な出費が多い気がするので^^;(自制心がない)

そして、気がつけば随分な時間スマホをいじっていて、あ〜この時間で本読めたな、勉強できたな、あれこれできたなと、後味の悪いことが多いので。


ブログをやめようかなと思うこともあるのですが、やはり書きたいときはあるし、いろいろな方のブログを読むのは楽しいし。


ブログを読むのは昼休みだけにしようかなとか。(仕事の昼休みなら、ダラダラするほどの時間もないので)

ブログは5分で仕上げると決めて、もっと簡潔な文章にしようかとか。


考え中です。

とりあえず、スマホをいじる時間は少ない方が、日常のいろいろなことは上手く進むような気がしています。

(ここまで書き上げるのに約7分でした)



長女のこの時計で計ってみたけど、けっこう緊張感がありました(笑)
最初は5分で設定したけど、無理でした。






お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

迷いと焦りと今川焼の金曜日。

疲れがピークの金曜日。

長女も6時半に私が起こすまでぐっすり。
朝勉強はできませんでした。

なので、帰宅して夕飯後にお勉強。

その日の予定は、Z会と漢字ドリル、英語。ピアノの練習もここ2日できていなかったので、今日は少しでもやろう、ということにしました。

Z会だけでもいいかなと思ったのですが、本人が特に何も言わずやる気だったので、そのままやらせることに)


まだまだバシッと集中することができない長女。

他のドリルをパラパラめくったり、なんだかんだで時間が過ぎていきます。

勉強が終わったのは、忍たま乱太郎(18時50分)まであと数分というところ。

「ピアノやってたら、間に合わないよー」という長女。

私も「まあいいか…」と思いかけたのですが、「いやダメだ」と思い直し。

「いや、長女ちゃん、もう小学生になったんだし、「やることやってから遊び」だよ。少しずつ慣れていこうよ。」

と説得。

一曲一回ずつ練習させました。

忍たま乱太郎は、数分遅れで視聴開始。)


長女の家庭学習の進め方には、日々迷います。


前日の木曜日も朝は6時半まで寝ていて、結局夜にZ会をやっただけです。


こんな量で大丈夫なのー?と思うこともあるし(やはり、いろんな方のブログを見ていると、「こんなにできているのか…!」と思うこと多々あり、焦る)、逆にやらせすぎ?もっとゆっくりさせた方がいい?と思うこともあります。


そんな自分を、「焦らず、焦らず」となだめる日々。


まずは、毎朝元気に学校へ行けることが第一(だから朝は寝ていたければ6時半まで寝ていてよし)

低学年のうちは、基礎をとりこぼさず、学習習慣を付けておけばまずよし。

Z会だけはコツコツやって。

あとは「ん〜〜〜っ」と、「考える」勉強に親しんでおけば、なんとかなるだろう!

と、言い聞かせています^^;

(正直なところ、低学年の頃全く勉強していなかった(そんで60点とかとってた)私からすれば、今の長女は諸手を挙げて褒め称えたいくらいなのです。偉そうなこと言えない立場。)


「やることやってから」と言いつつも、17時半に帰宅して長女がまずしたことは「天才てれびくん」を見ることです。

17時35分からなので…これに間に合うととても嬉しそうです。

やるべきことをやるのも大切だけど、ホッとするのも大切だし。タイミングと、切り替え。

燃え尽き症候群にならぬよう、緩急付けてやっていきたいです。



ちなみに、そんな金曜日の朝食は、今川焼でした。

寝起きの悪い長女に対して、「何か元気の出るもの食べて、学校行きなー。」と言ったところ、冷凍庫をガサゴソ…。
(私は次女の着替え中)

電子レンジを開ける音がして、ピッ。

今川焼をチンしていたようです。
(最近、電子レンジの使い方を覚えつつある。今川焼、そのまま直にレンジに入れてたけど笑)


朝食メニューは、

今川焼
ちびおにぎり(朝に米を…という私の思いから、いつも私のお弁当用おにぎりと一緒に作っています)
りんご
チーズ
ヨーグルト
はちみつ入り牛乳

でした。

チーズ、ヨーグルト、牛乳…と並べるあたりに、「何かタンパク質を」ともがく私の姿が見て取れます。

りんご食べてるから、ビタミンはOKよねきっと。

だいたいいつもこんなもんです。(いつもは今川焼が食パンになる)


そんなこんなで、なんとか週末にたどり着きました。




お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

復帰後の一日はこんな感じです。

4月後半に仕事復帰して、現在のスケジュールはこんな感じです。(小一長女、9ヶ月次女、夫は単身赴任で不在家庭)


4時 私起床。洗濯物を畳んだり、居間を軽く掃除したり。

4時15分 勉強、雑務など

4時45分 筋トレ、ストレッチ

5時10分 身支度

5時30分 朝家事開始(夕食の下準備、朝食準備など)

6時頃 長女が起きてくるので、朝勉強を見ながら家事継続。

6時30分 長女朝食。私は長女と一緒に少しだけ座り、コーヒー飲んだり果物をつまんだりした後に次女を起こす。

6時45分 次女朝食

7時   次女ミルク。長女は朝食を終えたら歯磨き、着替えなど。私は次女のお世話をしつつ、長女の仕上げ磨きや髪結いなど。

7時20分 長女出発。私は家の前で見送る。(でもずっと見てると恥ずかしいとうざがられる)

その後食器片付けなど残務をこなす。次女とできるだけ触れ合う。絵本一冊読む。

7時45分 私と次女出発。
(その後保育園に送り、職場に着くのは9時頃)


朝はとにかく、「長女を無事に送り出す。」ことを第一に考えて動きます。(私と次女はまあなんとかなるさと…)


〜夜〜

17時30分頃 帰宅。夕飯準備。長女はテレビ(天才てれびくん)。

18時 夕食。次女に食べさせつつ、長女に話しかけつつ、自分も食べつつ。

18時20分 夕飯終わり。食器片付け、洗濯物干し。長女は英語の勉強、宿題(音読)、ピアノなど。(朝勉強できなかったときはここでやる)

18時50分 長女忍たま乱太郎。傍らで私は次女と戯れる。

19時 お風呂

20時 寝室へ行き、次女ミルク、長女読み聞かせ、就寝。

仕事でやることがあると3時に起きたりもしますが、この時間に寝られているのでそこまで寝不足にはなりません。

朝食の時など、私が次女のお世話をする間長女が一人になる場面があるので、寂しくならないよう、「長女ちゃん大丈夫〜?」など声をかけるようにしています。


毎日が光の速さで過ぎていきます。


大変といえば大変だけど、毎日臨床の最前線で昼夜関係なく働く同業者に比べれば、随分と時間管理のしやすい楽な生活だなと思ってしまいます。

そう思ってしまうと肩身が狭く、しょんぼりしてきます。でもどうしようもなく、私は自分のやるべきことをやるだけです。


子供達と過ごす時間が本当に少ないです。
平日家にいる間は、私は常に何か動き回っている感じです。

長女に十分かまってやれない、かと言って次女を十分かまってやれているかというと、そうでもない。どっちも中途半端な感じ。これで大丈夫なのー??と、時々心配になります。

とは言っても、その時やれることを全力でやるしかありません。

だからこそ、子供達と目を合わせる、言葉をかわす、その一瞬一瞬を、気持ちを込めて、大切にしたいと思います。

(次女が朝保育園に着くとニコニコなのに、私が迎えに行くと愛想笑い程度しかしないのがちょっと寂しい、、、)




お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


 
 

言葉で説明する力。

最近の長女との会話で、「言葉で説明する力」を養わねば…と思う場面がありました。


ある日の学童からの帰り道。

長女「ねぇママ、今日学童でマンカラやったの。すごく楽しかった!うちにも欲しい。」

私「マンカラ?何それ?」

長女「ん〜…ゲームなんだけど…ちょっと説明しづらいから、帰ったらネットで見てみよう。」

ここで、むむむ…っと思った私。

敢えて「え〜、とりあえず説明してみてよ。」と促しました。

長女は「えーと〜、板に穴が開いてて、そこにおはじきが入ってて。早くなくなった人が勝ちなんだけど〜。」

てな感じで、しどろもどろに説明してくれました。

ちなみにマンカラとは、こちら。

私は今回初めて知ったゲームです。

プレイヤーが交互に自分の陣地(穴)のおはじきを動かしていき、陣地のおはじきが早くなくなった人が勝ち…なゲームです。(←そういう私が上手く説明できてない)


「詳しくは、こちらを検索」

な世の中。

だいぶ便利になったと思います。

我が家でも、何か調べる時はネットでよく検索します。

でも、今回のこの長女との会話でハッとしました。

ネットで調べればすぐ分かることに慣れてしまって、「言葉で説明する」ことを最近疎かにしていたなと。

いかんいかん。

たぶん、次女育児で私が余裕がなく、長女との普段の会話がおざなりになっていた部分もあると思います。反省。

その時から、長女との会話により気を配るようになりました。

質問や説明をする時、相手に上手く伝わるように話すのって、けっこう難しい、頭を使う作業だなと改めて感じています。

そしてそれだけ、日常の会話は大切。

ドリルばっかりやっててもダメダなと。



また別の日。食卓にて。

長女から国語の授業の様子を聞いていたとき。

「先生に「う」のつくものを聞かれて、「ウツボカズラ」って答えたの。そしたら「ウツボカズラって何ですか」って聞かれて、上手く説明できないから絵に書いて説明した。そしたら先生が、それをタブレットで写真に撮って、大きいテレビに映してみんなに教えてた。」

とのこと。


長女が実際に描いた絵。
食虫植物です。これを咄嗟に答えたのは、たぶんポケモンの影響…(笑)


おー、タブレットのおかげで、今はそんなふうに授業を進められるのね〜と感心。

その一方で、長女が「上手く説明できなかった」というのが少し気になりました。

また、そうやって視覚情報をうまく利用して分かりやすく授業を進められるのは良い面もあるけれど、やはりそれに頼りすぎると、言葉で説明すること、そしてその説明を理解して想像する力が育ちにくくなりそうだなとも思いました。

言葉で説明する力…表現力、語彙力。

説明を理解して想像する力…読解力、想像力

でしょうか。

(そういえば、お題を与えられてそれを説明するゲーム…なんてのもテレビでやってたな。)


まあ、何事も良し悪し、使いよう。


とりあえず、家では日常会話を大切に。

「とりあえず検索」はなしにしよう。
(最終的に検索するにしても、まずは言葉で説明してから。)

と思ったのでした。






お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村